ホーム » お金を借りる » サラ金でお金を借りるのに保証人は必要?

サラ金でお金を借りるのに保証人は必要?

現在の大手のサラ金比較では、お金を借りる際に保証人が必要なところはほとんどありません。どこも無担保・無保証で借りることができます。そもそもサラ金というのは、サラリーマンなどの個人に小額の貸付を行うところで、お手軽にお金を借りれるというのが売りなわですから、いちいち保証人を要求などしないのです。そういうのが必要なのは、銀行の商工ローンなどの大口融資での話です。

しかしお金を貸す際に無担保・無保証だと、サラ金側にとっては貸し倒れのリスクというものがつきまといますから、利息は高めに設定されます。簡単に借りれる分、銀行などの融資よりも高い利率が適用されるので、利息があっという間に増えていくので利用する際は要注意です。次の給料が入ってくるまでお財布の状態がちょっと厳しい時などに、備えとして利用する程度にしておくのが賢い利用方法でしょう。

ふつうは無担保・無保証なのがサラ金なのですが、中には保証人を要求するような業者もあります。こういう業者は大手の業者とは違い、ちょっと危ない場合があるので気をつけた方がいいです。ちゃんと金融当局に登録していない闇金の場合も多いです。ちなみに、友人知人などから「サラ金でお金を借りるから保証人になってほしい」と頼まれた場合、絶対に断った方がいいです。なぜかというと、普通のサラ金業者なら無担保・無保証が普通なのに、そういうものが必要になっているということは、その友人・知人はすでに多額の借金を背負っており、普通の業者では借りることができなくなっている可能性が高いからです。