ホーム » 借り入れ » 債務整理中にお金を借りることはできる?

債務整理中にお金を借りることはできる?

ローンの返済ができなくなって任意整理や自己破産などをすると、5年間はお金を借りることができません。
これは債務整理中にも言えることであり、新規・追加融資を含めてお金を借りることは不可となります。
債務整理中は返済計画を詰めている段階ですから、この段階でお金を借りることは債務整理のやり直しになりかねません。
もしお金を借りることができたとしても、借金で借金を返済することになってしまうでしょう。

債務整理というのは返済できる金額まで借金を減額するものですから、債務整理中にお金を借りる必要はないはずです。
債務整理中にお金を借りようとしているのがバレると、債務整理の手続きができなくなる可能性もあります。
いずれにしても、弁護士や司法書士に債務整理の依頼をしたら、その後5年間は借り入れできないと考えておきましょう。

ブラックになる期間は5年以上ですが、これは生活設計を見直すという意味合いも含まれています。
借金癖を抜いてしまわないと、すぐに借金を重ねてしまうことになるでしょう。
借金をしなくても生活できるようにするには、現金生活に慣れていくしかありません。
収入に見合った生活ができるようになれば、ローンを利用しなくてすむようになります。
ローンに依存している方の多くは、身の丈に合わない生活をしているのです。
債務整理中はお金を借りるという発想を捨てて、収支のバランスに見合った生活をするように心がけましょう。
それによりコツコツと貯金もできるようになり、万が一のときに借金なしで乗り切れるようになります。